子どもの法律

先生

教育

人気のない教師

教員の不人気に歯止めがかからない。2022年度実施の公立小学校の教員採用試験の競争倍率は2.3倍で、4年連続で過去最低となった。日本経済新聞2023年12月25日17:00子どもの成長に欠かすことのできない教員という存在。その欠かすことので...
教育を受ける権利

教師による不適切指導や「指導死」について

学校生活の中で児童生徒が他の児童生徒から「いじめ」を受けてその後の生活や人生がめちゃくちゃになるケースは以前から多々取り上げられてきたところです。他方で、学校生活の中で、教員、教師から受けた不適切指導やこれをきっかけとした「指導死」について...

いじめ被害を教育委員会に訴えることの意味についての弁護士解説

このコラムでは、いじめ被害を教育委員会に訴えることの意味や効果について、いじめ被害者の立場で活動している弁護士の経験に基づく解説をしています。いじめに対して学校や加害者側の対応に納得がいかないケースに、教育委員会への相談を考えている方はぜひご一読ください。

どこからがいじめ?いじめの定義とは?~いじめ問題に詳しい弁護士による解説~

 この記事では、判断の別れがちな「いじめ」の定義や判断基準を具体的に解説します。その上で、何がいじめに該当するのかの例や、いじめが犯罪に該当する例についても紹介します。また、いじめ問題に詳しい弁護士のこれまでの経験に基づく実際のコメントも含...

学校はなぜいじめに対応しないのか?~いじめ問題に詳しい弁護士が原因と対応策について解説~

いじめに対応しない学校の問題をどのように解決したらよいかの弁護士解説です。保護者の立場から、どうやったら学校がきちんと対応するかを詳しく説明しています。

いじめを苦に自殺未遂に至った児童について、第三者委員会によるいじめの認定を受けた事案

中学生のいじめ被害についていじめ実態調査によりいじめの認定を受けた事例
教育を受ける権利

教職員による不適切な指導と生徒の自死について、「指導死」としての調査を行うことに

文部科学省で行う「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」において、教職員による不適切な指導を理由とした生徒の「指導死」が調査項目に加えられることになりました。そのことの意味と残された課題についての解説です。
犯罪被害

「教職員等による児童生徒性暴力等に関する法律」(わいせつ教員対策法)の施行と概要について

2022年4月1日に施行された「わいせつ教員対策法」について解説します。法律では児童生徒に対するわいせつ行為を明確に定義し、その防止や早期発見・対処の措置を定めています。具体的な対象行為や対策の要点について説明し、わいせつ教員の再免許に関しても特例を設けました。この法律の目的は、児童生徒の安全を守り、わいせつ教員の存在を根絶することです。
犯罪被害

わいせつなどを理由とした懲戒処分等(2020年度)

2020年度において、公立小中高校の教員200人が懲戒処分や訓告を受け、そのうち96人が児童生徒らを性暴力や性犯罪の被害者とするケースが分かった。処分者数は前年度より減少したものの、200人台は8年連続であり、わいせつ行為による処分が依然として多いことが問題視されている。
教育を受ける権利

頭髪の黒染め指導の合法性と今後の校則の在り方

大阪高裁は校則に従って黒く染めるよう指導することの違法性を否定しました。校則に黒髪規制があること自体に疑問を呈し、昨今の校則改定の動きが進んでいることを指摘しています。文部科学省も校則の見直しを促す方針を示しており、児童生徒の自覚を促す校則が求められています。
教育を受ける権利

少人数学級の実現と教員の不足

法改正により、公立小学校の定員が5年かけて35人以下に引き下げられることが決まりました。少人数学級の実現は望ましいが、教員不足がハードルとなります。新たに13,000人以上の教職員が必要になると報道されており、地域格差や質の低下の懸念もあります。
犯罪被害

わいせつ教員の「排除」に向けた動き

自民・公明両党の作業チームが教員によるわいせつ行為に対して法整備を検討することを確認しました。再犯防止や処罰の必要性は認識されていますが、教員免許の再取得を一切禁止するかどうかについては議論が必要です。他の国家資格の再取得制限との均衡を保つ必要があります。ハードルは高いと予想されます。
教育を受ける権利

髪型の自由と「校則」の合理性

大阪地方裁判所は、大阪の府立高校における染色や脱色を禁止した校則とそれに基づく生徒指導について、合法性を認める判断を下しました。裁判所は校則の教育目的からの合理性を認め、教師による生徒指導も問題ないと判断しました。ただし、生徒が本来の地毛が黒でなかった場合や、その事実の立証ができない場合には、教師の指導が正当とされる傾向があります。
ニュース

28年前のわいせつ行為を理由とした懲戒免職事例

過去に民事訴訟で時効により責任が否定されたわいせつ行為の事例(事例➀)について、教育委員会が再審査し、当該教員を懲戒免職処分にしたと報道されました。裁判でわいせつ行為が認定されたことを踏まえ、被害を訴えた女性にとって救いとなる判断と言えるでしょう。当該教員は否認し、処分に対して争う可能性もあるとされています。
犯罪被害

教員免許の再取得の可否とその他国家資格との均衡について

弁護士や医師などの国家資格を失った場合でも、一定期間が経過すれば再登録が可能です。弁護士の場合、禁固以上の刑罰に処された場合は弁護士登録が抹消されますが、その後、10年経過すると再登録が可能となります(刑法34条の2)。再登録には一定の期間が必要であり、国家資格の再取得は可能です。