子どもの法律

担任

いじめ被害を弁護士に相談や依頼した場合の対応と解決について

いじめ被害を弁護士に相談した際の学校や加害者への対応策について。いじめ防止対策法を踏まえ、学校や加害児童に対して何をどのように請求し、対応をすることが可能かを分かりやすく解説しています。
ニュース

「教職員等による児童生徒性暴力等に関する法律」(わいせつ教員対策法)の施行と概要について

2022年4月1日に施行された「わいせつ教員対策法」について解説します。法律では児童生徒に対するわいせつ行為を明確に定義し、その防止や早期発見・対処の措置を定めています。具体的な対象行為や対策の要点について説明し、わいせつ教員の再免許に関しても特例を設けました。この法律の目的は、児童生徒の安全を守り、わいせつ教員の存在を根絶することです。
ニュース

わいせつ教員の「排除」に向けた動き

自民・公明両党の作業チームが教員によるわいせつ行為に対して法整備を検討することを確認しました。再犯防止や処罰の必要性は認識されていますが、教員免許の再取得を一切禁止するかどうかについては議論が必要です。他の国家資格の再取得制限との均衡を保つ必要があります。ハードルは高いと予想されます。
教育

髪型の自由と「校則」の合理性

大阪地方裁判所は、大阪の府立高校における染色や脱色を禁止した校則とそれに基づく生徒指導について、合法性を認める判断を下しました。裁判所は校則の教育目的からの合理性を認め、教師による生徒指導も問題ないと判断しました。ただし、生徒が本来の地毛が黒でなかった場合や、その事実の立証ができない場合には、教師の指導が正当とされる傾向があります。
犯罪被害

わいせつ教員の高止まり傾向と今後の対策

教師によるわいせつ犯罪の対策は喫緊の課題であり、国も情報公開の改善や法改正を行っている。市民団体は教員免許の再取得禁止を求めるが、文部科学大臣はその改正を断念。教師による犯罪を未然に防ぐためには意識改革や学校の取り組みが必要である。しかし、まだ解決には道半ばであり、継続的な対策が求められる。
犯罪被害

わいせつ行為に対する責任追及の「時間的な壁」について

教師による生徒に対する性犯罪が後を立たない中、興味深い二つの実例がありました。一つは、20年以上前のわいせつ被害に対して裁判所に訴えたものの、時間的な壁を根拠として賠償責任が認められなかったもの。もう一つは、15年前のわいせつ被害について、...
教育

子どもと時間

子どもの自由な時間が減少し、多くの習い事や予定に拘束されている現代の子育てに疑問を感じています。自由な時間を通じて子どもたちは考える機会を得て成長し、自己を確立していくと考えています。自由な時間は自我の育成に必要であり、社会に出る際にも重要です。最近の子どもたちにはこのような時間がなかなか与えられていないため、子どもたちには自由な時間を作ってあげるべきだと強調しています。
教育

試験にノートを持ち込んでも良い?

記憶力に依存しない思考力を重視したテストが始まり、ノートの持ち込みが認められるようになりました。これにより、学習態度や意欲に良い変化が生じ、生徒たちの主体性と創造性が育まれています。この動きは、現代社会において記憶力だけでは役に立たないため、学力判断に疑問が持たれていることから生まれました。将来を見据えて、子どもたちが自発的に学び、創造的に成長することが期待されます。
犯罪被害

未成年者略取、誘拐事件

香川県で起きたわいせつ目的誘拐事件について報道されています。被害者は17歳の女性で、加害者は38歳の高校教諭です。事件の経緯として、加害者は被害者と知り合いで、わいせつな行為をしようとして一緒に車に乗せ、ホテルに連れて行きました。加害者はわいせつ目的誘拐として逮捕されました。
教育を受ける権利

あだ名は禁止?名字に「さん」づけがルール化

学校での生徒の名前呼びにおいて、名字に「さん」づけのルール化が進んでいることについて言及されています。このようなルール化が一律に禁止のルールを作るという表面的な問題解決に過ぎず、本質的な問題解決には至らないと考えています。あだ名がいじめの原因ではなく、いじめを誘発する状況や人間関係、家庭関係に焦点を当てるべきであり、生徒にあだ名の意味を考えさせるべきだと主張しています。
教育

「出来ないこと」、「苦手なこと」を知るという「学び」

学校の勉強や学校生活において個人の得意不得意や好き嫌いが生じることについて触れています。個人差や特性のある学びや人間関係を尊重する必要性を強調し、学校は自分の苦手や嫌いを知る場であると述べています。個人の特性に合った成長を促すことが重要であり、学校の成績優秀に過度にこだわることで成長の機会が奪われる可能性があると指摘しています。
その他

子どもとの「濃厚接触」は避けられない!

小さな子どもとの親子の絆や愛着形成は成長にとって重要であり、感染対策の名の下でこれらが犠牲にされるべきではないと述べています。濃厚接触を維持しつつ感染予防を考慮する必要があると強調し、マスク着用による子どもの表情の読み取りの困難さにも触れています。子どもの愛着形成や発達における重要性を議論すべきだと述べています。
犯罪被害

教員による「わいせつ」と免許の再取得

教員による未成年者へのわいせつ行為や性犯罪の問題について、再犯率の高さや教員免許法の再取得の問題点が指摘されています。政府は性犯罪・性暴力対策の強化を掲げており、教員免許法も検討対象となっています。この問題に対し、子どもへの教育や法改正を求め、厳正な対応をする必要があるとの呼びかけが行われています。

学校の先生に相談しても助けてもらえない場合どうしたらいいですか。

自分の心と体が一番大事ですから、無理に学校に行く必要はありません。学校の先生に相談したとき、どんなことを言われたのか、その後の学校生活で先生がどんな対応をしてくれたのか(してくれなかったのか)メモにしておきましょう。お父さんやお母さん、言い...