ブログ

減る子ども、増える虐待

少子化にもかかわらず、児童虐待の増加が続いています。

児童虐待5年連続で増加|NHK 岡山県のニュース
子どもが親などから虐待を受けたとして、県内の児童相談所が対応した件数は、昨年度1082件にのぼり、5年連続で増加したことが厚生労働省のまと…

岡山県での昨年度の児童相談所による対応件数は1082件とのことです。仮にこれが児童の頭数だったとした場合、昨年度1年間にこれだけの数の児童が何らかの意味で「虐待」に遭っていたということになります。

児童虐待のために、国や自治体、地域や私たちでもっと出来ることに取り組まなければならないと感じています。

また、この虐待件数が本当の意味で0になるようにと強く思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました