ブログ

地域で子どもを支えること

部活動の地域移行、民間委託の是非 ― 魅力・よさも課題も山積み(妹尾昌俊) - Yahoo!ニュース
休日の部活動を地域、民間に移行していく案を文科省が示した。これは教師の負担軽減を図るものだが、そこだけに注目するべきではない。子どもたちにどのような影響があるのか、プラスとマイナスの両面を解説する。

少し前のニュースですが、部活動の地域以降が進みそうです。

教員の負担軽減は、教師の心の余裕を、ひいては質の高い教育を産みます。

また、これについては色々な考え方があるとは思いますが、地域で子供をみる機会が増え、子どもと関わる大人が増えれば、それだけ風通しのよい子育てができるようになるのではないでしょうか。

親と子、学校と子。それにプラスして「地域と子」の関係ができる仕組みが構築されることを望みます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました