子どもの法律

性交渉

犯罪被害

望まぬ妊娠と「飲む中絶薬」について

望まぬ妊娠と「飲む中絶薬」について。被害は女性に限定されます。性交渉が合意されない場合や男性の避妊協力がない場合、妊娠に対する刑事および民事上の対応が必要です。中絶費用や休業損害も問題となります。既婚者で責任を逃れる男性には損害賠償の可能性があります。中絶薬の承認により、被害を受けた女性の負担は軽減されますが、根本的な解決には男性の行動改善が求められます。
犯罪被害

「教職員等による児童生徒性暴力等に関する法律」(わいせつ教員対策法)の施行と概要について

2022年4月1日に施行された「わいせつ教員対策法」について解説します。法律では児童生徒に対するわいせつ行為を明確に定義し、その防止や早期発見・対処の措置を定めています。具体的な対象行為や対策の要点について説明し、わいせつ教員の再免許に関しても特例を設けました。この法律の目的は、児童生徒の安全を守り、わいせつ教員の存在を根絶することです。
犯罪被害

教員免許の再取得の可否とその他国家資格との均衡について

弁護士や医師などの国家資格を失った場合でも、一定期間が経過すれば再登録が可能です。弁護士の場合、禁固以上の刑罰に処された場合は弁護士登録が抹消されますが、その後、10年経過すると再登録が可能となります(刑法34条の2)。再登録には一定の期間が必要であり、国家資格の再取得は可能です。
犯罪被害

わいせつ教員の高止まり傾向と今後の対策

教師によるわいせつ犯罪の対策は喫緊の課題であり、国も情報公開の改善や法改正を行っている。市民団体は教員免許の再取得禁止を求めるが、文部科学大臣はその改正を断念。教師による犯罪を未然に防ぐためには意識改革や学校の取り組みが必要である。しかし、まだ解決には道半ばであり、継続的な対策が求められる。
犯罪被害

教員免許再取得の期間について~5年ならよいのか?~

教員によるわいせつ犯罪の再犯が問題視されており、教員免許再取得までの期間を3年から5年に延長する案が出ていることが報道されました。この案は再犯を防止するために「厳格化」を図るものですが、その効果や具体的な対策については議論が必要だと指摘されています。
犯罪被害

教員による「わいせつ」と免許の再取得

教員による未成年者へのわいせつ行為や性犯罪の問題について、再犯率の高さや教員免許法の再取得の問題点が指摘されています。政府は性犯罪・性暴力対策の強化を掲げており、教員免許法も検討対象となっています。この問題に対し、子どもへの教育や法改正を求め、厳正な対応をする必要があるとの呼びかけが行われています。

16歳の娘がSNSで知り合った男性と性的関係を持ってしまった。男性に対して刑事責任を追及できませんか。また、民事の損害賠償は可能ですか。

仮に当該男性が、女児に対価を支払って性交渉を持った場合には児童買春をしたとして5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられます(児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律4条)。他方で、対価を伴わずに...

相手方が認知に応じない場合にはどうしたらよいですか。

まずは、家庭裁判所に認知を求める調停申立てをしましょう。相手方が認知することに合意したときは、裁判所が合意に相当する審判を行い、これにより認知の効果が発生します。調停でも同意がなければ、家庭裁判所に認知の訴えを提起することになります。これら...

息子が友人らと一緒になって女友だちと性交渉をした。被害届が提出され息子は逮捕されてしまった・・・

息子が友人らと一緒になって、女友だちをラブホテルに連れ込んで性交渉をしてしまった。息子らは同意の上だと言い張るものの、相手方の女の子は同意はしていないと言い、警察に被害届を提出した。そのため、息子も逮捕されてしまい、どうしたら良いか困ってい...