子どもの法律

児童ポルノ

犯罪被害

教員による「わいせつ」と免許の再取得

学校の教員による児童などの未成年者に対するわいせつ行為、性犯罪は以前から多く見受けられ、現在もまたその状況に変わりはありません。 未成年者に対する性犯罪加害者は、その特徴として再犯率が高いことも言われており、再犯防止に向けた対策もま...

16歳の娘がSNSで知り合った男性と性的関係を持ってしまった。男性に対して刑事責任を追及できませんか。また、民事の損害賠償は可能ですか。

仮に当該男性が、女児に対価を支払って性交渉を持った場合には児童買春をしたとして5年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられます(児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律4条)。他方で、対価を伴わず...

娘がSNSで知り合った男性にスマホで裸などの画像を送信してしまった。どう対処したらよいか。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律では、18歳未満の者の裸の画像などを「児童ポルノ」とし、これを自己の性的好奇心を満たす目的で所持した者を1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処すると定めてい...

娘が出会い系サイトの男性に裸の写真を送信してしまった。厳罰を求めたい

未成年の娘が出会い系サイトで知り合った他県の男性に、自分の裸の写真を送信してしまった。相手方は警察に逮捕されているようだが、その弁護人から示談の申し入れを受けている。許しがたい気持ちが強く、示談には応じたくない。厳罰を求めたいがどう対処し...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました