子どもの法律

面会,離婚

ニュース

共同親権制度のメリット?デメリット?~法制審議会の中間試案に対する弁護士の見解~

法制審議会が共同親権の中間試案を公開しました。現行の単独親権からの変更や、監護権の問題が議論されています。共同親権導入のメリットに疑問があり、DVやモラハラ事案を考慮すると消極的な意見も存在します。単独親権を選択できるケースも検討されていますが、証拠がない場合も考慮すべきです。被害者の立場を考慮し、共同親権制度に悪影響を与える状況を避けるべきです。
婚姻・出産・認知・養育費

子どもに会えないことの問題点~昨今の面会交流事例を通じて~

当事務所では離婚案件に関わり、面会交流の問題を多く協議しています。最近では、別居後に面会がうまくいかないケースや全くできないケースが増えています。面会交流の欠如は非監護親にとって精神的な負担となり、解決を困難にします。面会交流は子どもだけでなく、非監護親のためにも重要な存在です。当事務所では、面会交流の実施を優先し、交渉や協議においても重要視しています。スムーズな面会交流は離婚問題の解決や養育費の支払いにも影響を与えます。面会交流の意義を理解し、積極的に実施することが必要です。
婚姻・出産・認知・養育費

結婚するのは誰のため?~「離婚と子育てに関する世論調査」より~

内閣府政府広報室の世論調査によれば、結婚について「心安らげる場所である家庭を築くこと」が71.2%、子どもを育てることは42.2%の回答がありました。未成年の子がいない夫婦の離婚については「できるだけ避けるべき」という回答が9.6%で、未成年の子がいる夫婦では33.3%に上昇していました。

コロナのため面会交流を拒否されているがどうしたらよいか

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、これまで通りの面会交流に支障が生じるケースが増えて来ています。別居して生活しているため、時折実施される面会に躊躇する監護親の意向が表れているものです。このような躊躇については、一定程度は分からなくもないものの...

再婚後の養育費の扱いについて

離婚に伴い養育費を算定したが、後に親権者となった者が再婚した場合、取り決めていた養育費の額に影響があるのかが問題となります。その場合、A(父)とB(母)が離婚し、B(母)が二人の間の子C(子)の親権者となり、養育費の取り決めをしたが、後にB...

離婚相手に面会させない方法はありますか

離婚に伴い親権者となった方からよくある相談が表記のような面会拒否、面会拒絶についてのご相談です。単に面会拒否したいというだけでなく、「養育費もいらないので面会もさせたくない」というご相談もあります。この点、面会交流は子の福祉の観点から可能な...

親が離婚する場合、どちらについていくか子どもから選べますか?

両親の離婚はその間のお子さんの生活や身分関係に大きな影響を与えます。日本の現行法では離婚に伴い共同親権ではなくなり、非監護親(一緒に生活しなくなった方の親)との接点は、養育費や面会が主になり、その他の接点は薄れていくのが通常です。当然、お子...
その他

離婚後の子の生活実態調査

法務省が初めて行った調査によれば、離婚した子どもの約40%が離婚後の生活が苦しいと回答し、離婚が子に与える影響が明らかになりました。心情面でも問題があり、16.2%の子が別居前に自分が両親の仲の悪さの原因ではないかと感じたと報告されています。養育費や面会交流の制度にも問題があり、不払いや面会拒否が少なくありません。

養育費の不払いに対する法律上の対処について。

養育費は離婚した後に子を監護しない親が子に対して負う義務です。その取り決めは、父母で合意、調停、審判、裁判で決めることとなりますが、後に不払いになった際には裁判所を通じた履行勧告や強制執行の手段をとることが可能です。

未成年者の婚姻

民法では18歳で成年としている。また、婚姻年齢(婚姻適齢)についても男女ともに18歳と改正された。そのため、いわゆる未成年者の婚姻という問題は生じなくなったものの、若い人同士による結婚に伴うトラブルも少なくない。