子どもの法律

面会,離婚

コロナのため面会交流を拒否されているがどうしたらよいか

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、これまで通りの面会交流に支障が生じるケースが増えて来ています。 別居して生活しているため、時折実施される面会に躊躇する監護親の意向が表れているものです。 このような躊躇については、一定程度は分か...

再婚後の養育費の扱いについて

離婚に伴い養育費を算定したが、後に親権者となった者が再婚した場合、取り決めていた養育費の額に影響があるのかが問題となります。 その場合、 A(父)とB(母)が離婚し、B(母)が二人の間の子C(子)の親権者となり、養育費の取り決...

離婚相手に面会させない方法はありますか

離婚に伴い親権者となった方からよくある相談が表記のような面会拒否、面会拒絶についてのご相談です。 単に面会拒否したいというだけでなく、「養育費もいらないので面会もさせたくない」というご相談もあります。 この点、面会交流...

親が離婚する場合、どちらについていくか子どもから選べますか?

両親の離婚はその間のお子さんの生活や身分関係に大きな影響を与えます。 日本の現行法では離婚に伴い共同親権ではなくなり、非監護親(一緒に生活しなくなった方の親)との接点は、養育費や面会が主になり、その他の接点は薄れていくのが通常です。...
その他

離婚後の子の生活実態調査

法務省が、未成年期に父母の離婚を経験した子の養育に関する実態についての調査・分析業務報告書を公表しました。 法務省として初めての調査とのことです。 調査結果としては、離婚後の生活が苦しかったと回答した割合が4割に及...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました