子どもにまつわる法律

子どもの出産、認知、養育費

子どもが妊娠させたこと、妊娠したことが判明すると、当事者やその家族の間では、その妊娠を継続すべきか、堕胎すべきか、その後の生活をどうするのか、経済的な負担をどうするのか、仮に出産してもきちんと養育できるのか、そもそも相手方は認知に応じるのか、養育費の負担はどうなるのかなど多くの葛藤や不安、悩みが生じます。

当然、相手方のある問題なので、常にこちらの希望や意向が通るばかりでもないため、これら葛藤や不安、悩みは次第に増幅し、相手方との亀裂が生じ、いつしかお互いの歩みよりが不可能なほどに至ることもままあります。

当事務所では、このような子どもの出産、認知、養育費を巡る法律問題について、これまで多くのご相談をお受けしてきました。そして、そのような経験を踏まえ、最善の解決をめざすことが可能です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました