悩みから探す

家庭裁判所の審判手続きとはどういうものですか。

審判とは、裁判官が①少年の非行事実の存否を判断し②少年に下す適切な処分を判断するための手続きです。
いわゆる裁判を想像してもらうと一番近いと思います。
ただし、普通の裁判と異なり、審判手続きは公開されません。
裁判官、事務官、少年、そのほか少年の付添人などだけが出席します。裁判官が少年に色々な質問をしたり、付添人となった弁護士からも質問をしたりします。
下される保護処分の内容としては、①保護観察②児童自立支援施設、児童養護施設への送致措置③少年院送致等があります。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました